2014年10月29日

浜崎 洋介×柴山 桂太 〜グローバル時代に小林秀雄を読む〜

※このトークセッションの配信は終了しました。

2014/10/18収録

『アフター・モダニティ――近代日本の思想と批評』(北樹出版)刊行記念

浜崎 洋介(文芸批評家、日本大学芸術学部非常勤講師)
柴山 桂太(滋賀大学経済学部社会システム学科准教授)

明治の文明開化から七十年――
日本の近代は小林秀雄の批評の言葉を生んだ。
そして、戦後という第二の文明開化から現在までもおよそ七十年。
果たして私たちは小林秀雄に匹敵する言葉をどれほど持ち得ているのか。
文化・文学にも造詣が深いグローバリズム批判の旗手・柴山桂太氏をゲストに迎え、小林秀雄や夏目漱石ら近代日本の文学者たちがなした文明批評の現代的意義を語り合う。

【講師紹介】
浜崎 洋介(はまさき・ようすけ)
1978年生まれ。文芸批評家。日本大学芸術学部卒業。
東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻博士課程修了、博士(学術)。現在、日本大学芸術学部非常勤講師。
著書に『福田恆存 思想の〈かたち〉――イロニー・演戯・言葉』(新曜社、2011年)、編著に福田恆存アンソロジー『保守とは何か』(文春学藝ライブラリー、2013年)など。

柴山 桂太(しばやま・けいた)
1974年東京都生まれ。京都大学経済学部卒。
同大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。
現在、滋賀大学経済学部准教授。
著書に『静かなる大恐慌』(集英社新書)など。

posted by junkudo at 11:44| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。