2015年06月29日

上田隆一×中島雅弘×富永浩之 AWK & Shellテキスト処理ブーム再来について熱くなる夜。


2015/6/18収録

技術評論社
上田隆一、USP 研究所『シェルプログラミング実用テクニック』
中島雅弘、富永浩之、國信真吾、花川直己『AWK 実践入門』
刊行記念イベント

上田隆一(産業技術大学/『シェルプログラミング実用テクニック』著者)
中島雅弘(アーヴァイン・システムズ代表/『AWK実践入門』著者)
富永浩之(香川大学/『AWK実践入門』著者)

UNIX誕生直後から現在も使われ続けているシェルとAWKは、UNIXというOSの性格を語る上では不可欠の存在です。一方、なじみの無い人にとっては、その使い方、そして強力さを垣間見る機会は限られています。
そこで前半では、「AWK実践入門」の作者陣から、プロの現場や大学での「他のもので なくAWKが便利だ!」という場面、またテキスト処理ブームの再来について熱く語って いただきます。 後半には知る人ぞ知る勉強会「シェル芸勉強会」のミニバージョンをお送りし、会場の方、AWK実践入門の作者陣でワンライナーの問題を解き、頭の体操を行います。
注: できる方はノート PC 等に UNIX/Linux 環境をご準備して参加ください


●上田隆一(うえだ りゅういち)@ryuichiueda
産業技術大学院大学助教兼USP研究所アドバイザリーフェロー。2004年から東京大学大学院工学系研究科助手/助教。2009年にUSP研究所に入社。2013年8月より現職。ロボットから企業システムまで幅広くプログラミングを経験。本業の傍ら、「USP友の会」会長として「UNIX的なもの」の伝道活動を行っている。博士(工学)。

●中島雅弘(なかじま まさひろ)
1988年立教大学理学部物理学科卒業。株式会社アスキー、株式会社スクエア・エニックスなどを経て現在株式会社アーヴァイン・システムズ代表取締役。著名、植村富士夫として1990年〜1993年まで情報系の雑誌で多数の連載を執筆。著書に(植村富士夫名義で)『エンジニアーズUNIX』『Cのオモチャ箱』(SBクリエイティブ)、『awkでプログラミング』(オーム社)など。またアブストラクトゲームの作家としても活動。
趣味は料理でプロの料理人を自宅に招き料理をふるまう「釈迦に説法の会」を行う。

●富永浩之(とみなが ひろゆき)
1993年京都大学大学院研究科数理解析専攻博士課程単位取得退学、理学修士。2012〜2015年東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻。1993年香川大学経済学部情報管理学科講師、1998年より同大学工学部電子・情報工学科准教授。情報系分野の教育支援システムの開発と運用を研究テーマとする。インドネシア、中国での教育プロジェクトに参加。高大連携の出張講座や放送大学の面接授業も担当。
料理を食べるのも作るのも大好き。



posted by junkudo at 09:39| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。