2015年09月03日

高橋 政陽(元テレビ朝日記者)×水野 衛子(中国映画字幕翻訳業) 山口淑子さん没後1年 李香蘭をめぐる満洲と上海

2015/9/1収録

高橋 政陽(元テレビ朝日記者)
水野 衛子(中国映画字幕翻訳業)

戦前の中国と日本で、歌手として女優として活躍した李香蘭こと山口淑子さんが亡くなって、2015年9月で1年になります。
戦後70年の本年、李香蘭の満州と上海での活動を中心に、その足跡を振り返ってみたいと思います。
生前の山口淑子さんに信頼され親しくお付き合いしていた高橋政陽さんに、中国映画翻訳家の水野衛子さんがその知られざる人生をお聞きするとともに、お二人で李香蘭の映画と音楽について語ります。
慶應義塾大学文学部創設125年記念行事「李香蘭 映画と音楽」(2015年9月12日開催予定)でも司会をされるお二人の李香蘭への熱き想いを、ぜひこの機会に感じてみてください。

◆講師紹介◆
・高橋政陽(たかはし まさはる)
売文業。早稲田大学第一部文学部卒。中国留学の後、東京新聞記者を経てテレビ朝日へ。
「ニュースステーション」ディレクター、台北支局長、「サンデープロジェクト」チーフディレクターなど担当。
2007年には日中初の生討論番組となった「朝まで生テレビ」プロデューサー。
2010年退社し現職。晩年の山口淑子さんと親しく、逝去後には「李香蘭という十字架を背負い続けた生涯」(『新潮45』2014年11月号)、「李香蘭の秘めた恋」(『文藝春秋』2014年12月)などを発表。
また日本、香港で競馬評論も手がける。

・水野衛子(みずの えいこ)
中国映画の字幕翻訳、通訳。慶應義塾大学文学部卒。
「初恋のきた道」「HERO」「妻への家路」など 多くのチャン・イーモウ作品、
「始皇帝暗殺」「北京ヴァイオリン」「運命の子」などのチェン・カイコ―作品ほか、100本以上の中国映画の字幕翻訳を担当。
翻訳書に「中国大女優 恋の自白録」(文芸春秋社)、「中華電影的中国語 さらばわが愛、覇王別姫」(キネマ旬報社)、「セデック・バレ」(河出書房新社)などがある。
慶應義塾大学・早稲田大学講師。


posted by junkudo at 15:09| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。