2016年01月27日

宮台 真司(社会学者・映画批評家・首都大学東京教授) ニュースの本質を見抜く・考える処方箋とは何か?


2016/1/6収録
『宮台真司 ニュースの社会学 社会という荒野を生きる。』刊行記念

宮台 真司(社会学者・映画批評家・首都大学東京教授)

ISによるパリ同時多発テロ、ロシア機撃墜事件、マンション不正杭打ち工事、介護疲れ殺人・無理心中事件etc.「いま私たちはどんな時代を生きているのか」「この不透明・不安な時代に何を守って生きていくべきなのか」。
日々流れるニュースや事件に踊らされるのではなく、問題の本質を掴み、思考を深めたいと考えている方!是非このトークセッションにご参加ください!
社会学者・宮台真司が、ニュースや事件にどのように接し、どのように読み解いているのか。この現代社会、現代文明の問題の本質≠解き明かす術を指南いたします。それはまさしく、「明日は我が身の時代」に社会という荒野を生き抜く処方箋になるはずです。



posted by junkudo at 11:36| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。