2010年10月09日

武藤徹×中村滋 「数学は分かる!楽しい!面白い!」(前半)2010年9月16日

※こちらのトークセッションのポッドキャスト配信は終了致しました。

★2010年9月16日(木)19:00〜20:30★ @ジュンク堂書店池袋本店

算数・数学用語事典』(東京堂出版)

新しい数学の教科書』(文一総合出版)

出版記念イベント

    

算数・数学用語事典




  

 























新しい数学の教科書 1 数量編





























新しい数学の教科書 2 図形編






























数学は分かる!楽しい!面白い!
― 小石があれば証明ができる ― 

武藤 徹 × 中村 滋  司会 三浦 基弘
(元教師)  (数学者)   

今から2500年近く昔、古代ギリシアでは小石を並べながら数学を論じていました。 
1+3+5+・・・+(2n−1)=n2 という数の法則を証明し、さらに、直角三角形の
3辺をなす整数の組が無限にたくさんあることを証明していたのです。
17世紀になると、ガリレオは小石で証明された上の式を使って、落体の法則を発見しました。
その後ニュートンは、月もリンゴも同じ法則に従って落ちることを証明しました。
宇宙を支配するのは、神ではなく、自然の法則であったのです。ここから、近代の科学的・
合理的精神が
花開きました。
この合理的精神を保障する学問の自由は今どうなっているでしょう。またそれを次世代に
伝える教育の自由は今・・・。

講師紹介
武藤 徹
1925年生まれ。1947年東京帝大理学部数学科卒。NHK教育テレビ「高校数学講座」
初代講師。都立戸山高定年退職後の現在も、高校・大学教師と数学ゼミを定期的に開く。

・中村滋
1943年生まれ。戸山高校から1965年東京大学理学部数学科卒。東京海洋大学名誉教授。
学習院大学非常勤講師。日本フィボナッチ協会代表。朝日カルチャーの工学院大学・
朝日カレッジや、中央区民カレッジ講師。

三浦 基弘
1943年生まれ。大東文化大学講師。NHK教育テレビ「高校生の科学・物理」(1981‐82年)
「エネルギーの科学」(1982年)講師などのほか、地域で20年間、夏休みに「算数・数学教室」
を開いている。


posted by junkudo at 16:31| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。