2010年10月16日

金田一秀穂「そもそも言葉ってなに? −金田一先生による日本語上達法」(前編)2010年9月25日

※こちらのトークセッションのポッドキャスト配信は終了致しました。

『よりみちパン!セ』(理論社)
『心のともだち』(PHP研究所)
『15歳の寺子屋』(講談社)
『14歳の世渡り術』(河出書房新社)

4社合同 10代からはじめる新書フェア開催記念 連続トークイベント

第1回 そもそも言葉ってなに? −金田一先生による日本語上達法 

講師:金田一秀穂(国語学者)

15歳の日本語上達法

■2010年9月25日(土)19:00〜

「お刺身」と聞いただけで生ツバを飲み込む私たち。
でも「死んだ魚」と聞くとどうですか?
どうして言葉ひとつで、こんなに違って感じるのでしょう?
毎日何気なく使っている言葉。そもそも言葉ってナニ?
『15歳の日本語上達法』(講談社刊)の著者、
金田一秀穂先生においでいただき、
日頃、私たちが何気なく使っている言葉の役割や、
その不思議な力について、わかりやすくオモシロクお話いただきます。
日本語力をアップさせる秘訣も伝授してくれます。

◆講師紹介◆

金田一秀穂(きんだいち ひでほ)
1953年、東京に生まれる。
祖父・京介、父・晴彦に続き、日本語の研究を専門とする。
上智大学文学部心理学科卒業。東京外国語大学大学院日本語学専攻終了。
中国の大連外国語学院、アメリカのイェール大学、コロンビア大学で日本語を教える。
後に、ハーバード大学客員研究員を経て、
現在、杏林大学外国語学部教授として教鞭をとる。
主な著書に、『新しい日本語の予習法』(角川書店)、
『ふしぎ日本語ゼミナール』(日本放送出版協会)、
『「汚い」日本語講座』(新潮社)などがある。

ことばのことばっかし     気持ちにそぐう言葉たち     人間には使えない蟹語辞典    「汚い」日本語講座    学研現代新国語辞典 改訂第4版


posted by junkudo at 17:21| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。