2010年11月19日

小谷敏×土井隆義×芳賀学×浅野智彦「若者たちは、いまをどう生きているのか」2010年11月11日(前編)

※こちらのトークセッションのポッドキャスト配信は終了致しました。

★2010年11月11日(木)19:00〜★ @ジュンク堂書店池袋本店

「若者の現在」 (日本図書センター) シリーズ刊行開始記念トークセッション

若者たちは、いまをどう生きているのか?

小谷 敏 × 土井 隆義 × 芳賀 学 × 浅野 智彦



いつの時代も「若者」は、さまざまな問題を社会に提起し続ける存在として、
大人たちの意表をつく新しい文化やライフスタイルを生み出し続ける存在として、
将来社会を担う輝かしい存在として、語られてきました。

2010年を生きる現代の若者たちはどうでしょうか?
彼ら・彼女らはいま、働き、さまざまな行動をおこし、文化を担うことによって、
社会を変えようとしています。

「いまの若者はこうだ!」と断定的に語るのではなく、その多様性を浮かび上がらせ、
「労働」「政治」「文化」 3つの視点から「若者たちは、いまをどう生きているのか?」を
照らし出すことをめざして、気鋭の論者4氏が真剣勝負の議論を展開します!

小谷 敏 (こたに さとし)
大妻女子大学教授。専門:現代文化論、マスコミュニケーション論。
主著:『若者たちの変貌―世代をめぐる社会学的物語』『若者は日本を変えるか―
世代間断絶の社会学』など。

土井 隆義 (どい たかよし)
筑波大学大学院教授。専門:社会学、逸脱行動論。
主著:『友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル』『キャラ化する/される子どもたち―
排除型社会における新たな人間像』など。

芳賀 学 (はが まなぶ)
上智大学教授。専門:宗教社会学・文化社会学。
主著:『都市青年の意識と行動―若者たちの東京・神戸90‘s [分析編]』
『仏のまなざし、読みかえられる自己―回心のミクロ社会学』など。

浅野 智彦 (あさの ともひこ)
東京学芸大学准教授。 専門:自己論、アイデンティティ論、物語論。
主著:『検証・若者の変貌―失われた10年の後に』『考える力が身につく社会学入門』など。


posted by junkudo at 14:26| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。