2011年07月28日

池内紀×丸田祥三×高橋栄一「電車に乗って、東京散歩」(後半)

【このトークセッションの音声配信は終了致しました】

「東京人」創刊25周年記念 「私は、東京人」BNフェアイベント

電車に乗って、東京散歩

池内紀 × 丸田祥三 × 高橋栄一

top.jpg

■2011年7月2日(土)19:30〜@ジュンク堂書店池袋本店

「都市を味わい、都市を批判し、都市を創る」をキャッチフレーズに、歴史、文化、風俗、
建築物、文学、風景といった東京という都市が生み出すさまざまな現象を探り、魅力を
探ってきた「東京人」は、今年で創刊25周年を迎えます。町歩きの達人たちが、「電車」を
キーワードに、とっておきの町の楽しみ方をお話します。

◆講師紹介◆
池内紀(いけうち おさむ)> ドイツ文学者、エッセイスト。
1940年兵庫県生まれ。著書『海山のあいだ』で講談社エッセイスト賞、
『ゲーテさんこんばんは』で桑原武夫学芸賞、訳書『ファウスト』で毎日出版文化賞受賞。
近著に『東京ひとり散歩』『文学フシギ帖』『シロアーノフの帰郷』ほか。
旅や町歩きのエッセイも多数執筆。

丸田祥三(まるた しょうぞう)> 写真家。
1964年東京生まれ。和光大学卒業後、東映に入社。92年よりフリーの写真家として活動。
94年、写真家『棄景―廃墟への旅』で日本写真協会新人賞を受賞。これに続く『棄景』
シリーズが評価される。小学生の頃から写真をとり始め、鉄道や廃墟、なつかしい町並みなどを
中心に撮影を続ける。

高橋栄一(たかはし えいいち)>月刊「東京人」編集長。
1956年東京生まれ。早稲田大学理工学研究科修士課程終了。81年東芝入社。
86年に雑誌編集に転じ、東洋経済新報社などを経て96年都市出版入社。『東京人』、
『外交フォーラム』(2010年休刊)の編集に携わる。01年より『東京人』編集長。


posted by junkudo at 10:33| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。