2012年02月28日

東電・政府は何を隠したのか 日隅一雄×木野龍逸(前編)

※このトークセッションの配信は終了しました。


検証福島原発事故・記者会見
東電・政府は何を隠したのか 
日隅一雄/木野龍逸 著 岩波書店

2012年2月17日収録

日隅一雄×木野龍逸
東電・政府は何を隠したのか。そして今、私たちが考えなければいけないこと

『検証 福島原発事故・記者会見』(岩波書店)刊行記念 トークイベント

福島原発事故の直後から東京電力、政府の記者会見に出席し続けてきた弁護士の日隅一雄氏と フリーライターの木野龍逸氏。東電・政府の記者会見での発表を検証した本書の刊行を記念して、著者二人が取材の裏側、そして書ききれなかった様々な思いを、語り合います。


日隅一雄(ひずみ・かずお)
1963年生まれ。京都大学法学部卒業後、産経新聞社入社。退社後、弁護士登録。NHK番組改変事件、沖縄密約開示請求事件などの弁護団に参加。インターネット市民メディア『News for the People in  Japan』(NPJ)編集長。

木野龍逸(きの・りゅういち)
1966年生まれ。日本大学経済学部卒。編集プロダクションに所属後、オーストラリアの法人向けフリーペーパー、アウトドア雑誌の編集部などを経て、フリーランスのライター兼カメラマンとして活動。主に車の環境問題、次世代車、エネルギー問題、経済と環境の関係などについて、国内、欧米、アジアで取材を行う。


posted by junkudo at 17:42| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。