2012年06月07日

こんなに面白かった! 日本の古典 竹内薫×黒澤弘光

※このトークセッションの配信は終了しました。


2012年5月24日収録

『心にグッとくる日本の古典2』 (NTT出版、2012年4月下旬刊) 刊行記念

こんなに面白かった! 日本の古典

竹内 薫(サイエンス作家)
×
黒澤弘光(古典教育の研究者)

NHK大河ドラマ「平清盛」のおかげで、あらためて『平家物語』が注目を集めています。今回は、ドラマ「平清盛」の場面設定について、服は本当にボロボロだったのか、佐藤-義清(後の西行)は北面の武士なのになぜ高貴の身分の人の前でしゃべることを許されたのかなど、「平家物語」の真実に迫ります。
『心にグッとくる日本の古典2』に登場する古典ゆかりの人々や、古(いにしえ)の人々の生活、古典の魅力について、お二人の活気あふれる師弟トークをお楽しみください!

竹内 薫(たけうち・かおる)
サイエンス作家。1945年生まれ。筑波大学付属高校、東京大学理学部物理学科卒業。マギール大学大学院博士課程修了。理学博士(Ph.D)。NHK Eテレ「サイエンスゼロ」コメンテーター、フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」解説担当。著書に『宇宙のかけら』『99.9%は仮説』、共著に『心にグッとくる日本の古-典』など。

黒澤弘光(くろさわ・ひろみつ)
古典教育の研究者。1945年生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。国語史専攻。1973年より2008年まで、東京教育大学付属高等学校(現筑波大学付属高等学校)-教諭を務める。『現代漢和辞典』編纂のほか、『広辞林』『日本語大辞典』など多くの辞書に執筆。『日本名歌曲百選T・U』『心にグッとくる日本の古典』などを出版している-。



posted by junkudo at 09:00| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。