2012年07月27日

スリバチ的まち歩きのすすめ 皆川典久

※このトークセッションの配信は終了しました。


2012年6月28日収録

スリバチ的まち歩きのすすめ

皆川 典久(スリバチ学会会長)

渋谷・四ツ谷・谷中など都内には谷の地名が多く、下北沢や池袋など水に因む地名もたくさんあります。地形に着目すると普段とは違った東京の一面が垣間見えます。『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』の著者・皆川典久氏がそんな、地形に着目した東京の知られざる魅力と断面的な町歩きの楽しみ方について熱く語ります。著書では紹介し切れなかった秘蔵の図版や写真も多数初公開!参加者全員に、タモリさんも持っている「スリバッチ」を会長よりプレゼントいたします!

皆川典久(みながわ・のりひさ)
1963年前橋市生まれ。2003年にGPS地上絵師の石川初氏と東京スリバチ学会を設立。
台地と窪地が奏でる都市景観の世界遺産登録を目指し、日夜スリバチを探索中。



posted by junkudo at 09:00| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。