2013年01月09日

佐内正史×伊賀大介 『佐内正史詩集 人に聞いた』刊行記念

※このトークセッションの配信は終了しました。


2012年12月1日収録

『佐内正史詩集 人に聞いた』刊行記念 朗読・トークイベント

佐内正史 (写真家)
×
伊賀大介(スタイリスト)

写真家・佐内正史さんによるはじめての詩集『人に聞いた』(ナナロク社)の刊行を記念して、 スタイリストの伊賀大介さんをゲストに迎えた朗読会を行います。

佐内正史さんは、木村伊兵衛写真賞受賞などで早くから注目を集め、近年は、川崎市岡本太郎美術館での大規模展覧会や、自主レーベルでの写真集の刊行など、写真界の中でもひときわ特異な存在感を示しています。本書は1年をかけて書きおろされ、「世界がレイヤーでできている」「光をけずる」など、写真家の「眼」が捉える世界が独自の言葉によって表現されています。

読書家としても知られる伊賀大介さんをゲストに迎え、人気写真家の創作の源泉が解き明かされる一夜に!?

佐内正史(さない・まさふみ)
1968年静岡県生まれ。95年、第12回キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。97年に写真集『生きている』(青幻舎)でデビュー。02年『MAP』で第28回木村伊兵衛写真賞受賞。多数の写真集刊行のほか、近年は自主レーベル「対照」より精力的な出版活動を展開している。9月末発売のCD+写真集「川本真琴and幽霊」では川本真琴と作詞、作曲、演奏、歌を全共作した。

伊賀大介(いが・だいすけ)
1977年東京都生まれ。96年に熊谷隆志氏に師事。99年よりスタイリストとして活動を開始。MEN'S NON-NOやsmartといったファッション雑誌や東京事変、くるり、チャットモンチー、など幅広いジャンルのアーティストのスタイリングを務める。映画『ジョゼと虎と魚たち』、『さくらん』、『苦役列車』、『おおかみこどもの雨と雪』など、多くの劇中衣装も担当。



posted by junkudo at 09:00| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。