2015年06月22日

末光弘和(株式会社SUEP.代表取締役) 『風のかたち 熱のかたち 建築のかたち』について考える

1162MP000000386_1.jpg
2015/6/4収録

末光弘和(株式会社SUEP.代表取締役)

目に見えないコンテクストである風や熱のような環境要素をどのようにして建築のデザインに取り入れて行くのか。
近年著しく進み、設計者の手元で扱う事ができるようになった環境シミュレーションを多用した建築作品を設計プロセスとともに紹介します。
新建築住宅特集2015年4月臨時増刊号『風のかたち 熱のかたち 建築のかたち』を丁寧に解き明かします。

【講師紹介】
末光弘和
1976年愛媛県生まれ。1999年東京大学工学部建築学科卒業。
2001年東京大学大学院修士課程修了。2001-2006年伊東豊雄建築設計事務所。
2007年より末光陽子と共にSUEP.主宰。2011年より株式会社SUEP.代表取締役。
環境デザインをテーマに、個人住宅やオフィス、公共施設などの作品を手掛けている。
第27回吉岡賞、住まいの環境デザイン・アワード2013グランプリ受賞をはじめ、受賞歴多数。



posted by junkudo at 20:12| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。