2015年09月29日

六車 由実(社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員)×赤坂 憲雄(民俗学者) 「介護民俗学」が切り拓く物語の沃野


2015/9/19収録

『介護民俗学へようこそ!「すまいるほーむ」の物語』 六車由実著 (新潮社刊)〜刊行記念トークセッション〜

六車 由実(社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員)
赤坂 憲雄(民俗学者)

民俗学の「聞き書き」の方法が、介護の世界を劇的に変えた!
高齢者と真摯に向き合い、《人生の先輩》として話を聞く。名づけて「介護民俗学」。そんなユニークな方法を取り入れた介護施設があります。そこは、六車由実さんが管理者を務める沼津市のデイサービス施設「すまいるほーむ」。お年寄りが語り出す多彩で豊饒な物語が笑いと涙を呼び、認知症の人も介護スタッフも、生き生きとした感情を取り戻していきます。今回は、民俗学研究者時代からお付き合いの深い赤坂憲雄さんとのトークセッション。「東北学」を提唱し、民俗学の新たな地平を切り拓いてきた赤坂さんと「介護民俗学」の可能性を考えます。ご期待ください。

【講師紹介】
●六車由実(むぐるま・ゆみ)
1970年静岡県生まれ。社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。『神、人を喰らう-人身御供の民俗学』でサントリー学芸賞。その後民俗学者から介護職に転身、『驚きの介護民俗学』で日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。最新刊は『『介護民俗学へようこそ!「すまいるほーむ」の物語』(新潮社)

●赤坂憲雄(あかさかのりお)
民俗学者。1999年『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎が見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞受賞。2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。
著書に『東北学/忘れられた東北』(講談社)『3・11から考える「この国のかたち」-東北学を再建する-』(新潮社)など多数。


posted by junkudo at 10:49| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。