2016年02月10日

廣瀬 純(龍谷大学経営学部教員)×マニュエル・ヤン(早稲田大学社会科学総合学術院教員) 民衆はいかに攻勢に転じるか−−「シアトル」から「国会前」まで


2016/1/28収録

廣瀬純『資本の専制、奴隷の叛逆−−「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析』(航思社)出版記念

廣瀬 純(龍谷大学経営学部教員)
マニュエル・ヤン(早稲田大学社会科学総合学術院教員)

反グローバライゼイションから反戦を経てオキュパイへ。反貧困から反原発を経て反安保法制へ。
90年代以後この20年のあいだ、民衆運動はどのような戦略・戦術にもとづいて展開され、何を獲得したか。
日本ではどうだったか。資本がその破壊的本性を全面展開させるなか、「労働者」はどこへいったのか。
アンダークラスは到来するのか。スペイン、ギリシャ、イタリアの政治理論家たちが呈示するヨーロッパ情勢分析とともに考える。


廣瀬 純(ひろせ・じゅん)
映画論、現代思想。龍谷大学経営学部教授。著書に『暴力階級とは何か』(航思社)、『アントニオ・ネグリ』(青土社)、『絶望論』『闘争のアサンブレア』(ともに月曜社)、『蜂起ともに愛がはじまる』『美味しい料理の哲学』(ともに河出書房新社)、『闘争の最小回路』(人文書院)、『シネキャピタル』(洛北出版)、訳書にアントニオ・ネグリ『未来派左翼』(NHK出版)、『芸術とマルチチュード』(共訳、月曜社)、フランコ・ベラルディ(ビフォ)『NO FUTURE』(共訳、洛北出版)ほか。

マニュエル・ヤン(Manuel Yang)
比較社会/思想史。早稲田大学社会科学総合学術院助教。ブラジルのサンパウロ州生まれ、神戸、ロサンゼルス、台中、ダラスで少年時代を過ごし、テキサス大学オースティン校卒業(歴史学/英米文学専攻)、トレド大学歴史学部修士・博士課程修了。『現代思想』で「ボブ・ディランがアメリカを歌う」を連載中。最近の論考に、「『人よ、神をお赦しください、自分が何をしているのか知らないのです』−−一九九五年と世界の終わり」(『越境広場』1号)、「We Are the Folk−−長渕剛とフォークの力」(KAWADE夢ムック文藝別冊『長渕剛』)、「トーキョー日記」(『HAPAX vol.4』)など。


posted by junkudo at 15:44| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。