2016年04月05日

長岡亮介(明治大学理工学部 特任教授) 大学数学の魅力について〜『難解さ』にくじける前に分かって欲しいこと


2016/3/29収録

「長い歴史をもつ数学ですが、17世紀における微積分法の発見をきっかけとして 『自然を理解し、生活の役に立つ数学』という新領域が開拓されました。
しかしこの画期的な変動は、すぐに数学自身の飛躍的な発展を生み出すことになります。
現代数学はこうした劇的な運動の中で誕生したものなのですが学校数学は微積分法発見の初期段階で終わっており、他方大学数学は19世紀後半以降の数学の現代的展開を整理した形で講ぜられることが多いため、それらの間の数学的・論理的・文化的な不連続性に目を向けられることが気ぜわしい近年は特に減っているような気がします。
その間を繋ぐことは容易でありませんが、『小さな試み』を継続することが大切だと思っています」と語る長岡先生に、大学数学の魅力を語っていただきます!

【講師紹介】
長岡亮介(ながおか・りょうすけ)
1947年、長野県に生まれる。
東京大学理学部数学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程満期退学。津田塾大学助教授、大東文化大学教授、放送大学教授等を経て、現在、明治大学理工学部特任教授数理哲学、数学史を専攻。
主な著書
「長岡亮介 線型代数入門講義−現代数学の《技法》と《心》」東京図書、2010
「数学者の哲学・哲学者の数学−歴史を通じ現代を生きる思索」共著、東京図書、2011
「東大の数学入試問題を楽しむ−数学のクラシック鑑賞」日本評論社、2013
「総合的研究 数学I+A」「総合的研究 数学㈼+B」「総合的研究 数学㈽」旺文社、2012、2013、2014
「数学の森−大学必須数学の鳥瞰図」共著、東京図書、2015


posted by junkudo at 20:28| トークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。